執筆者の心得「この一瞬は二度と戻ってこない」

今日も引き続き、初期仏教 スマナサーラ長老のご本『「日々是好日」経』(サンガ)より、時間についての教えをご紹介したいと思います。

覚えておいてください。人生は短い。命は短い。一秒一秒、ザーッと過ぎていってしまうのです。
秒単位で命は縮んでゆくので、遊んでいる暇はありません。一瞬でも、逆戻り、リセット、繰り返し、やり直し、再生はできません。(中略)
無駄に使える時間はないのです。

* * *

一回しかないこの瞬間を大切にしなければならないのに、私たちは思考や妄想に浪費して、この瞬間を大事に生きていないのです。その瞬間で妄想しているから、時間が無駄になるのです。結果は「生きてない」ことになるのです。

* * *

みなさんは、よく口癖のように「忙しい、忙しい」と言っていますね。
覚えておきましょう。「忙しい」というのは錯覚です。
いつでも今の時間で、瞬間で、できることは「一つ」しかありません。(中略)二つ、三つ同時にはできません。
たとえば、過去や将来に気持ちがいったり、妄想に耽ったりすると、今やるべきことを行えません。(中略)文章を書いているときでも、(中略)過去のことを思い出した瞬間で手が止まるのです。

* * *

「後でやります」と思うのは、罠です。(中略)
次の瞬間・次の瞬間には、別なことをしなければなりません。(中略)同じ時間で仕事が二つになったのです。(中略)「やれ、忙しい」と思う。悩む。それで人生は失敗する。(中略)「忙しい」と思うのは、いくつかの仕事をさぼったからなのです。(中略)結果として、今やっている仕事も駄目になってしまいます。

* * *

過ぎ去ったことは、もう一度繰り返すことはできません。やるべきことは、その時間にならないといけない。

「忙しい」「後でやろう」

私もしょっちゅう繰り返しています(苦笑)。本当に身につまされるお話ですね。

いま、この一瞬の尊さを、改めて心に刻んでおかなければなりません。

  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする