【祝連覇!】羽生結弦の金メダルに学ぶ小説ストーリーのつくり方

やってくれました羽生結弦選手!

重圧のかかる大舞台で、圧巻の演技を披露し、見事に金メダル獲得と五輪連覇を達成しました。

この種目での連覇は、なんと66年ぶりの快挙だそうですね。

まさに今回の羽生選手の演技は、人々の記憶にも、フィギュアの歴史にも、しっかりと刻み込まれたわけです。

宇野昌磨選手とともに、日本人選手が金銀を独占したのも嬉しい!

嫌な事件が相次ぐ昨今、久しぶりに心が躍る嬉しいニュースでした。

今回の羽生選手の金メダル。ここまで大きな感動劇となったのは、やっぱりあれがあったからですよね。

そしてそのことは、小説執筆にも大きなヒントを与えてくれています。

***

スポンサーリンク

***

羽生選手の金メダルがここまで大きな感動劇となった要因の一つ。

それは、オリンピック直前の11月に右足に怪我を負ってしまったことがあるでしょう。

もちろん怪我なんてしないほうが絶対にいいし、順調に調整ができた上でメダルを取っていても、きっと大きな感動を与えてくれたことでしょう。

しかし今回、羽生選手は怪我を負ってしまったことで、メダル獲得がよりドラマチックになったことは確かです。

テレビで紹介されていましたが、ファンの中には羽生選手のことが心配で心配で、

本番で転んでしまう夢を見て泣き出してしまう人

怪我が治りますようにと神社に日参する人

自分が滑るわけでもないのに緊張で吐き気を催す人

そんな人たちまでいたようです。

また、演技が終わって会場が歓喜に包まれる中、羽生選手が怪我を負った右足に手をやり、感謝を捧げる姿には、胸が熱くなりました。

それもこれも、羽生選手が怪我を乗り越えて奇跡のようにリンクに舞い戻り、圧巻の演技を披露したからこそ、感動の大きさも何倍にも跳ね上がったわけです。

このことを小説のストーリーづくりにどう応用するか?

主人公を逆境に突き落とせ!

ということです。

その逆境が困難であればあるほど、読む人は物語の行方に引き込まれるでしょう。

熱烈な“ゆづファン”のように、

主人公のことが心配で眠れない

主人公がかわいそうで泣いてしまった

読む人をそこまで引きずるこむくらいのものが書けたら、しめたものですね。

そして、主人公にその逆境を乗り越えさせることで、読者は大きなカタルシスを得ることができるのです。

***

スポンサーリンク