執筆力向上のカギはミトコンドリアにあり?

昨日、一昨日と、執筆には思った以上に体力が必要であることに触れました。

とはいえ、たくさん原稿を抱える執筆者は、なかなか体力づくりに時間を割くことも難しいもの。

日々生活の中で手軽に実践できるものが一番ですが、私が試してみてよかったものを1つご紹介したいと思います。

それは、体の中のミトコンドリアを増やす方法です。

ミトコンドリアは細胞の中にある器官で、その働きは体を動かすエンジンとも言えるのだそうです。残念ながらこのミトコンドリアは、年とともに減ってしまい、それに伴って体力が落ち疲れやすくなってしまうのだそうです。

これを増やすことが、活力や持久力を向上させる決め手だったのです。

では、どうすればミトコンドリアを増やすことができるのでしょうか。

スポンサーリンク

ミトコンドリアを増やすには、

1分程度のちょっときつい運動

をするとよいそうです。

そうやってエネルギー不足の状態をわざとをつくることによって、ミトコンドリアをつくる細胞のスイッチが入り、活力やスタミナをアップさせることができるそうです。

例えば、

・通勤や買い物の合間に、小まめに1分早歩きをする
・エレベーターやエスカレーターを使わず階段を昇る
・部屋の中で10回程度スクワットをする

少しだけしんどいな、と思うくらいの負荷を体にかけることがポイントだそうです。

そして、1週間に合計60分くらいを目標に継続することで、疲れにくいスタミナに満ちた身体になるようです。

なにしろ、ちょっとしたスキマ時間をとらえて手軽に実践できるのがイイ。私も実際にやってみて効果を実感しています。

詳しくは、NHKの『ガッテン!』のページを参照してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする