決めた、四回転ジャンプ! 羽生結弦のマイナスをプラスに転じる力

あの羽生結弦が帰ってきた!

連覇がかかる平昌オリンピック直前の昨年11月、右足の靭帯損傷という怪我を負い、その後すべての大会への参戦を見合わせてきたフィギュアスケートの羽生結弦選手。

平昌オリンピックには出場できるのか?
大舞台で本来の実力を発揮できるのか?

ファンならずとも、多くの人々の間で懸念が広がっていましたね。

しかし数日前、羽生選手は熱戦の続く平昌に入り、およそ3か月ぶりに公式の場に姿を見せるや、本日行われたショートプログラムで四回転ジャンプも見事に決め

首位!

に立ちました。

氷上に躍動する羽生選手の姿は、

これが怪我で2か月もリンクから遠ざかっていた人の演技?

と思ってしまうほど、素人目にも完璧に思える出来映えでした。

とてつもない重圧のかかる大舞台でのあの集中力、あの美しい演技。

テレビを観ていて、体中がゾクゾクしました!

それにしても羽生選手は、怪我でまともに練習できないハンデを、どのように受け止めていたのでしょうか?

***

スポンサーリンク

***

羽生選手は、直前の記者会見でこんなことをおっしゃっていました。

スケートができなかったのが2か月。スケートをしていたら、学ぶ機会がなかったかもしれないことがたくさんあった。

できなかったからこそ、陸上でできたこともあり、考えることもあった。

2か月は無駄ではなかった。たくさんのことを学べた。

五輪本番の直前に2か月も練習ができないというのは、とてつもないハンデです。

しかし、羽生選手はそのマイナスもプラスに変えて、すべての力を本番で爆発させました。

見事と言うほかありませんね。

不本意な状況に陥っても、それを前向きに捉え、プラスに転換していく。

そんな羽生選手の一流のマインドは、執筆活動にも必要なものです。

例えば私の場合で言えば、

作家としてもっと活動していきたいが、雑誌の仕事が忙しくてなかなか執筆時間が捻出できない。

という不本意な状況を抱えています。

かといって、これをただ嘆いているだけでは、いつまでも事態を打開することはできませんね。

このマイナスをいかにプラスに転換するか。
こういうマイナスの状況だからこそできることは何か?

せっかく羽生選手の演技でモチベーションが上がっているいまこそ(笑)、改めて具体的に追求していきたいと思います。

ともあれ、羽生選手の次のフリーの演技が楽しみです。

***

スポンサーリンク