自分にしか書けないものを見つける覚悟と情熱を持て

今回も引き続き『ミステリーの書き方』(幻冬舎文庫)から、大切なお話を拾ってみました。

今日は『不夜城』などのヒット作で知られる馳星周さんのお話。

漠然と小説家になりたいといっても、何を書きたいかということがないとだめです。テクニックというのはやり続けているとどんな人でも上達するから、それ以前の何かを持っていないとダメ。

では、それ以前の何かとは?

それはパッションでしょう。作家は傍で見るほど楽な商売ではないし、本の売り上げだって落ちていくし、ベストセラー作家といわれてノウノウとしていられるわけでもない。小説家としてやりつづけるには覚悟と情熱が必要だと思う。自分にしか書けないものを見つけることです。

昨日の北方謙三さんのお話にも通じるものがありますね。

成功する作家はどなたも、よい作品を創り続けるために、弛まぬ努力を重ねていらっしゃいます。

それにしてもこの本、作家になるための貴重なヒントがゴロゴロ転がっていますよ。

具体的なノウハウに関することでも、これは使えるというものがいくつもありました。

実際に売れている作家の経験にもとづくお話なので、とにかく強力。特にエンタメ系の作家になりたい人にはオススメです。

* * *

スポンサーリンク