【まとめ】心の汚れをキレイに洗濯する方法

リチブロ読者の皆さん、新年の活動は順調ですか?

読者の皆さんには、ぜひともこの2018年をよい年にしていただきたいと願っていますが、その際にとても重要なのが、日々の行いであり、そのもとになる心のスタンス。

善因善果(悪因悪果)という言葉もありますが、よいタネをまけばよい結果がもたらされる。心をできるだけ明るく、ポジティブな状態に保つことが、よりよい行動につながり、好ましい出来事や運勢に恵まれるための秘訣になると思うんです。

とはいえ、なかなか思うにまかせないのが心。

いけない、いけないと思っていても、ついついカッとしたり、イラッとしたり、昔のイヤなことを心の中で蒸し返してグズグズ悩んだり……ともすれば心というのはネガティブな感情に引きずられて汚れてしまいがち。

そこで、このリチブロでも何度もご紹介してきた、初期仏教のアルボムッレ・スマナサーラ長老についての過去記事から、そうした心の汚れをキレイに洗濯する方法を集めてみました。

* * *

スポンサーリンク

* * *

気づいていましたか? 私たちは日頃、心の中を余計な思考でいつもいっぱいにしていることを。
●無限の能力開発法

心の汚れをキレイに洗濯するためのキーワードは“慈悲”でした。
●慈悲のエネルギーの素晴らしさ

心の中にどんどんはびこる悪い思考、感情。実は、これを瞬時に消し去る簡単な方法があるんです。
●効果抜群! 幸せになる簡単な呪文

●ネガティブな感情を持たない

●人生の敵を、即座に撃退する方法

ネガティブな感情を洗い流す、簡単な瞑想法もありますよ。
●ネガティブな感情を速効で立て直す方法

●心の汚れがどんどんきれいになる言葉

***

いかがでしたでしょうか?

リチブロ読者の皆さんが、心をよい状態に保ち、実り多い執筆活動を展開していかれることを心から願っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする