人生をダメにする「怒り」への処方箋・その4

リチブロでは、このところ執筆活動や人生をぶち壊しにしてしまう「怒り」への対処法についてご紹介しています。

自分は穏やかな性格だから関係ない、と思われる方。実は、生命は生まれつき怒っているものなのだそうですよ。

詳しくはこちらをどうぞ。
●怒りはすべてを台無しにする。なのに人はなぜすぐに怒るのか?

で、これまでにご紹介してきた対処法は以下の通りです。

●どんどん増幅する怒りを治める方法

●すべてを台無しにする怒りを浄化する方法

●人生をダメにする「怒り」への処方箋・その3

きょうも、テーラワーダ仏教のスマナサーラ長老のご著書からもう1つ、怒りへの効果的な対処法について記します。

***

スポンサーリンク

***

怒りに対するもう1つの処方箋は、

一切の生命を慈しむ

ことだそうです。

私たちは自分1人では生きられません。自分以外の存在のおかげで生かされています。

一方、どんな生命も、自分と同じように生きる苦しみを抱えています。病人、けが人のようなもので、いたわってあげなければならない。

また、嫌いな相手、敵であるように感じている相手であっても、大きな視点で見れば共に生きる仲間であって、ただ関係がこじれているだけ。

しかし、人間には自我(エゴ)があるため、自分のことばかり考えてしまい、なかなか慈しみの心を持つことができません。

ですから慈悲の心は、育む必要があります

そのための良い方法が、生命の幸福を念じる“慈悲の瞑想”です。『怒らない練習』/サンガ)”

慈悲の瞑想については、心の汚れをキレイに掃除する方法として、このリチブロでも繰り返し取り上げてきました。

「私は幸せでありますように」

「私の親しい生命が幸せでありますように」

「生きとし生けるものが幸せでありますように」

この言葉を繰り返し念じることで、エゴがなくなり、すべてのものに対する慈しみの気持ちが湧いてきて、心が幸福に満たされ、そして怒らなくなるそうです。

放っておくとすぐに悪い方向へ向かってしまう人間の心。

慈悲の瞑想を日々実践し、「人生全体に慈しみの念が行き渡るようにする」(スマナサーラ長老)

そうすれば、日々の執筆活動が充実したものになることはもちろん、きっと運命も大きく開けていくでしょうね。

***

スポンサーリンク