スマナサーラ長老のヴィパッサナー瞑想をやってみた

先日、スマナサーラ長老の「日めくりブッダの教え」というアプリのご紹介をした時に、頭の中が汚れた思考でいっぱいになった時の対処法について少し触れました。

●人生をダメにする悪い思考を、即座によい思考に置き換える方法

人間の心は弱いもので、何かのきっかけですぐに怒りや憎しみ、高慢、蔑み、イライラ、ムカつき等々の汚れた思考が生まれてしまいます

これを放っておくと、汚れた思考は火事のようにどんどん燃え広がってその人を焼き尽くしてしまいます。

テレビや新聞では、毎日のようにいろんな犯罪事件の報道がなされていますが、いずれもおおもとは、小さな小さな汚れた思考だったのではないでしょうか?

そこまで極端なことにはならなくても、頭の中が汚れた思考でいっぱいになった状態では、何をやったって上手くいくはずがありませんよね。

執筆はもちろん、仕事にも人生にも様々な支障を来してしまいますから、早急に対処しなければなりません。

とはいえ、具体的にどう対処すればよいのでしょうか?

***

スポンサーリンク

***

有効な対処法の1つが、先日の記事でもご紹介した、

「右足、左足、右足、左足・・・」と、足の動きを心の中で実況中継しながらしばらく歩いてくる

というものでした。

これは

ヴィパッサナー

という仏教の修行法です。

こんなものが修行?

と思われるかもしれませんが、なんと、お釈迦様はこのヴィパッサナーという方法で悟りを開かれたのだ、とスマナサーラ長老は書かれています。

体の動きをただただ無心に観察し、心の中で実況中継していく。

これによって汚れた思考が生じる余地をなくするとともに、物事に対する執着から離れ、とらわれない心を養っていくのだそうです。

私も、毎日の通勤時に実践しています。

足を交互に踏み出すのを、「右足、左足」とひたすら心の中で実況中継していく。

実際にやってみると分かりますが、心というのは一時として落ち着くことなく、あっちこっちに飛び回ります。

仕事に行くのが億劫だなぁとか、今日の昼はどこに食べに行こうかなとか、昨日カミさんに言われたことを思い出してまたイライラしたり、すれ違った美人に鼻の下を長くしたり(笑)。

普通はこうした心の動きを放置しているので、気がついたら心が汚れた思考でいっぱいになったり、心のエネルギーを浪費してしまうのだそうです。

ヴィパッサナーをしながら歩く時も、心は無軌道に飛び回りますが、その度にすぐ「右足、左足」と実況中継に戻ります。

結構妄想の方に引きずられてしまうことも多いんですが(笑)、それでもなんとか「右足、左足」と実況中継の方に引き戻していると、ざわついた心が次第に静かに、穏やかになっていきます。

駅の人混みに揉まれても、そんなにイライラしないし、オフィスに入ってもいい感じで仕事を始められるんです。

私自身が実践していて特にいいなと思うのは、嫌なことがあってもネガティブな気分を引きずることなく、スパッと立ちきることができる点。

それから、集中力がついて執筆活動も捗りますよ。

よかったら実践してみてください。

***

スポンサーリンク