スマナサーラ長老のヴィパッサナー瞑想をやってみた・その2

前回のリチブロで、汚れた思考をキレイに洗い流すことのできるヴィパッサナーという瞑想法を、テーラワーダ仏教のスマナサーラ長老のご著書をもとにご紹介しました。

●心の汚れをキレイにし、集中力を高めるヴィパッサナーという修行法

怒りや蔑み、高慢、嫉妬、不安などなどの汚れた思考が心に生じたら、「右足、左足、右足、左足・・・」と、心の中で体の動きを実況中継しながらしばらく歩くことによって、心が清らかになるというものでした。

気分転換のためのちょっとしたエクササイズ?

と思いきや、実はこれ、お釈迦様が悟りを開かれた修行法でもあるそうなんです。

このヴィパッサナーという瞑想法は、歩く時だけ行うわけではありません。

***

スポンサーリンク

***

例えば家の掃除をする時、「拭きます、拭きます」と実況中継しながら雑巾がけをする。

あるいは「掃除機をかけます、かけます」と実況中継しながら掃除機をかける。

そんなふうに、日常のあらゆることが修行の対象になってくるわけです。

私自身の普段の生活を振り返ってみると、歩く時にしろ、掃除をする時にしろ、たいていは他のことで頭をいっぱいにしながらやっています。

もう済んでしまったことをグチャグチャ考えたり、先のことをあれこれ心配したりして、自分がいまやっていることに身が入っていない。

いま、ここ

が、お留守になっているわけです。

だから掃除をやっても、必要以上に時間がかかったり、その割にはゴミが残っていたり・・・。

そんな感じで、何事も上の空でやっているから“凡人”なんでしょうね(笑)。

そんな私でも、ヴィパッサナーをちょっと実践しただけで、意外な効果を実感できるんです。

例えば朝の身支度。

早く出かけなければと焦ってやると、上着の袖に腕が引っかかってうまく通らなかったり、ボタンを掛け違えたりで、かえって手間取ってしまいます。

そんな時に、

「上着を取ります。腕を通します、通します」
「ボタンの穴を開きます。ボタンを持ちます。ボタンを通します、通します」

というふうに、一つひとつの動作をしっかり実況中継をしながらやると、ゆっくり身支度をしているのに、慌ててやるより何倍も早く身支度が整うから不思議です

やっぱり心が落ち着いて、集中した状態でやるからなんでしょうね。

スマナサーラ長老は、この修行を熱心に続けていると、いつでも清らかな心でいられるようになる。世の中も人生も相当見えるようになり、だいたい1か月真剣に実践すれば、日本でも一流の人間になれるとまで書かれています。

“凡人”から脱出するためにも、性根を入れて取り組んでみたいと思います。

***

スポンサーリンク