執筆力アップにも役立つブッダの健康法

この数日、執筆活動の基盤となる体力や健康について記してきたので、当ブログでもしばしばご紹介している、初期仏教のスマナサーラ長老が説かれている健康の秘訣についても触れておきたいと思います。

スマナサーラ長老の『老病死に勝つブッダの智慧』(サンガ)によれば、健康になるためには、

常に明るい心を持つ

ことが大切で、明るい心があればたいていの病気は消えてしまうのだそうです。

心の状態は、体の状態と密接な関係があります。健康のためには、明るい心、謙虚な心が必要です。逆にどんな形であれ高慢は体に悪い影響を与えます。それは猛毒です。自分の心の毒で自分自身がやられてしまうのです。 (『老病死に勝つブッダの智慧』/サンガ)

病は気からといいますが、やはり心と体というのは深く結びついているのですね。

私たちの体にはいろいろな猛毒があるのだとお釈迦さまは言います。嫉妬、怒り、高慢、苛立ち、悩み、憂い・・・。そうした心の働きはすべて猛毒です。ですからいくらすばらしいお医者さんの治療を受けても、そうした毒がある場合、病気はなかなか治りません。どんなに体にいい食べ物を食べても、心が汚い人は、食あたりを起こして病気になってしまいます。
心さえ清らかになれば、今、私たちが苦しんでいる病気の90パーセントは消えてしまうでしょう。(中略)
体は心によってつくられているということです。 (『老病死に勝つブッダの智慧』/サンガ)

改めて振り返ってみると、どれだけ自分で自分を傷つけていることか・・・。

執筆活動も、常に明るく、前向きに取り組んでいきたいものです。

ただ、そうは言っても、ちょっとしたことでイラついたり、ムカついたり、すぐに心がネガティブに傾いてしまうのが人間の悲しい性。

明日の記事では、人生を台無しにしてしまうネガティブな感情、これを解消するとっておきの技をご紹介します。

スポンサーリンク