お釈迦様の説く4つの健康法

昨日の記事で、病院にお見舞いに行ったことを記しました。

宮沢賢治も活用した場所のエネルギーで、スイスイ執筆しよう

そんなことで、健康とか病気について、あれこれいろんなことが頭を巡りました。

このブログで何度もご紹介している初期仏教のアルボムッレ・スマナサーラ長老の本にも、健康や病気とどう向き合うかというお話がよく出てきます。

長老の『老病死に勝つブッダの智慧』(サンガ新書)によれば、お釈迦様は、常に健康な体でいるための心得、皆に迷惑を掛けないように明るく生活するための心得を、いろいろと考えて教えてくださっているそうです。

お釈迦様の言う健康法は、宗教的な呪文を唱えたり、お経を上げたりするようなことではなく、とても科学的で現代的な方法なのだそうです。

お釈迦様は、

「過去世のカルマが悪くて病気になった」
「何かの祟りだ」

といったことは、決しておっしゃっていない。

きちんとした科学的な方法で健康を守ること、自分の健康は自分で守ることの大切さを説かれており、具体的に以下の4つのことを示しておられるそうです。

* * *

スポンサーリンク

* * *

1つは、自分の体のシステムによく合った食べ物を食べること。

自分の体質や年齢などをよく考慮して、自分に合うものを食べることです。

お腹いっぱい食べることはよくないとも説かれていて、暴飲暴食を戒めていらっしゃいます。

2つ目は、自分の体に合った環境を考えること。

ただしこれは、考えすぎると切りがないので、あまり神経質にならず、ほどほどにとのことです。

昨日の記事で、執筆する場所について記しましたが、それもこの項目に少し関係しているでしょうね。

宮沢賢治も活用した場所のエネルギーで、スイスイ執筆しよう

3つ目は、適度に運動をすること。そしてその運動を怠けないことです。

これは一般にもよく言われていますから、特にコメントの必要はないでしょう。

4つ目は、

常に明るい心を持つこと。

明るい心があれば、たいていの病気は消えてしまうのだそうです。

昔から「病は気から」とよく言われますが、心が体に及ぼす影響はとても大きいようです。

もちろん、それでも病気になることはありますから、そんな時にはちゃんと医者に診てもらうことも大事。

でも、なるべくそうならないように、心を常に明るく、前向きに保つことで、心身ともに健康で活力のある毎日を過ごしていきたいものですね。

* * *

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする