スマナサーラ長老のおすすめ本──瞑想、ブッダの教え、悩みの解消などなど

このリチブロでしょっちゅうご紹介している、アルボムッレ・スマナサーラ長老

ところで、スマナサーラ長老っていったい誰?

という方もいらっしゃるかもしれませんね。

スマナサーラ長老は、1980年にスリランカから来日。テーラワーダ仏教の長老として、40年近くにわたり、日本人にお釈迦様の教えを説き続けてこられました。

ちなみに、

テーラワーダ

というのはパーリ語(古代インドの言語)で「長老の教え」を意味するのだそうです。

そしてテーラワーダ仏教は、初期仏教、上座仏教、南伝仏教とも呼ばれ、スリランカ、タイ、ミャンマーなどで継承されてきた仏教です。

日本で仏教というと、普通は大乗仏教のことをイメージする人が大半だと思いますが、大乗仏教というのはお釈迦様の死後数100年経って成立したものだそうです。

これに対してテーラワーダ仏教は、お釈迦様の時代から完全に近い形で残されたパーリ語経典にもとづいて、お釈迦様の説かれた教えとその実践方法の一つ一つを、当時のまま、今日まで伝えてきたのだそうです

スマナサーラ長老は、日本語がペラペラで、2500年前のお釈迦様の教えを、平易な言葉で、随所にユーモアを交えて、現代の日本人に即した形で説いておられ、人気を博しています。

私はそんな長老のご本を初めて読んだ時、それまで自分が抱えていた諸々の悩みに対する答え、それから人生に対して抱いていた様々な疑問に対する答えが、易しい言葉ですべて解き明かされていることに衝撃を受けました。

お釈迦様ってこんなことを説いていらっしゃったのか!

それまでほとんど興味のなかった仏教に俄然関心が湧き、以来長老のご本を買い求めては、お釈迦様の教えを勉強をさせていただくようになりました。

長老の本が他の自己啓発書と決定的に違うのは、人間の煩悩を乗り越えて解脱を果たしたお釈迦様の教えにもとづいて書かれている点です。

人間というのは、貪瞋癡(とん・じん・ち=欲、怒り、無知)の三毒に心が犯されています。そんな人間の書いた本というのは、優れたものもたくさんありますが、なかなか真理にかなったものは稀で、どこか問題をはらんでいたりもするものです。

私が過去に自己啓発書の類ををいくら読みあさっても、人生の悩みや疑問について納得できる答えを得られなかったのは、そのためだと思います。

そんな私をいっぺんに納得させてくれたのが、スマナサーラ長老の本だったわけです。

というわけで今回は、スマナサーラ長老のオススメの本をまとめてみました。

***

スポンサーリンク

***

●スマナサーラ長老の教えを知りたければ、まずこれ!
『自分を変える気づきの瞑想法』

人生って、なっかなか上手くいかないものですよね。
でも、“心”さえ成長すれば、どんな悩みも、苦しみも、トラブルも、なんなく乗り越えることができるそうです
この本は、その“心”をコントロールし、成長させる上でとても効果的な「慈しみの瞑想」「ヴィパッサナー瞑想」という2つの瞑想法を中心に解説した本です。
いずれも、日常生活の中で誰にも簡単に実践できます。
実際に、私もこの2つの瞑想法で人生が大きく好転しました
まずこの本を読めば、長老が他の著作や講演などで説かれていることの基本がつかめると思います。

***

●人生を破壊する負の感情を克服する
『怒らないこと』
『怒らないこと2』

日々の生活では、自分の意に沿わないこと、不本意なことがしょっちゅうあります。しかし、その度にイライラしたり、ヘコんだりして心を掻き乱されていたら、運やツキはどんどん逃げていきます。
本書は、そんな負の感情の中でも特に破壊力の大きな“怒り”とその克服法が説かれています。
長老は、怒りで行うことはすべて失敗すると説かれていますが、一度心に怒りの火が起こると、鎮火するのはなかなか容易ではありません。
また、自分は穏やかな性格だから、“怒り”とはあまり関係ないと思う方もあるかもしれません。しかし怒りにはいろんな種類があるし、そもそも生命は生まれつき怒っている。生きている限り人間は怒っているとまで長老は説かれています。
毎日を心穏やかに、ゴキゲンに過ごしたい人は、一度手に取ってみてください。
私が長老の本で一番最初にハマったのも、この本です。

***

●運命を自由自在にコントロールする
『パワー・アップ・ユア・ライフ』

自分の周囲を見回してみると、いつも強運に恵まれ、やることなすこと次々と上手くいく成功者や、魅力的でいつも回りに人が集まってくる人気者がいるものです。
それに対して、いつまでたってもうだつが上がらない自分を卑下して、落ち込んでいたりしませんか?
実は、それにはワケがあるんです。そして、そういう自分のカラを破る方法もあるんです。
本書は、人生を支配する「カルマの法則」と解き明かし、変えられないと思い込んでいた自分の運命を好転させる秘訣が説かれています。

***

※他にもオススメ本がいっぱい。随時書き足していきますので、時々見に来てくださいね!

スポンサーリンク